京都・奈良をはじめ、日本各地の妖しくニオウ場所を巡遊した記録日記♪ っていうかほとんどが、普通の観光地デス☆ 自称鍾乳洞フェチ♪ チャリンコも大好きです♪ 気軽に足跡残していってくださいね♪


by hime_religioso
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
e0095515_2112728.jpg


GWに伊勢志摩へいってきました。
いつもは雨オトコ&晴れ女の二人で行くのですが、全員で5人だったため、私の晴れ女パワーは発揮されず。
途中小降りにはなりましたが、だいたい一日降っていました。

でもしっとりとぬれた伊勢志摩はとってもきれいでした。
ぬれた緑ってキレイですよね。
こぞ、日本の美というように思います。

e0095515_2134848.jpg



雨なのにたくさんの方が参拝にこられていました。


e0095515_2145245.jpg



宇治橋は工事中でした。


e0095515_215397.jpg


ついでに、二見ヶ浦の夫婦岩も見てきました。

久しぶりに海をみましたw
[PR]
# by hime_religioso | 2009-05-13 21:07 | 伊勢志摩

いいのか?コレ

e0095515_2237660.jpg



こんなレストハウス作っていいんでしょうか。

怒ってない?


皇居近くだから、怒んないかww


しかも「なんこう」っていう読み方するの初めて知りました。

「くすのきこう」だと思ってた^^;

e0095515_22381374.jpg

[PR]
# by hime_religioso | 2009-03-10 22:37

白川郷

e0095515_1441897.jpg



夏の終わりに行った、白川郷の写真をアップしておきます☆


白川郷って、ちょこっとした集落なのかな~と思っていたのですが、意外と広かったです。

規模がでかかったです。

e0095515_1454181.jpg


さすが、世界遺産。
駐車場も広いです。

世界遺産だけあって、観光に来る人は日本人だけじゃないようです。


e0095515_1463366.jpg


トイレに入るとこんなものが・・・。


ふむふむ。


e0095515_1471530.jpg

橋を渡ると、もういきなり、合掌作りです。


e0095515_148442.jpg



洗濯物もみえます。

e0095515_1483136.jpg



このへん、お宿もあるみたいで、合掌作りの家に泊まれるみたいです。

e0095515_149135.jpg



いいな~~。


e0095515_1493271.jpg



お花が咲いていて綺麗です。

e0095515_14101231.jpg

水も綺麗ですね~。

e0095515_14104918.jpg



のどかです。
この日はかなりの観光客がきていましたが、のどかでした。


e0095515_14113268.jpg



e0095515_14115311.jpg


魚も泳いでいます!
すごい。
こんな間近で・・・・!!


e0095515_14124257.jpg

日本昔話にでてきそうです。

春や夏もいいけど、雪の積もった白川郷にもきてみたいですね。

(後編へ続く)
[PR]
# by hime_religioso | 2008-10-21 14:13 | ♪岐阜

大将軍八神社

e0095515_13265293.jpg
妖怪ストリートの中にある、大将軍八神社。

前から気になっていたのですが、神社だしな~。どうだろ?
と思っていましたが、お~~~なにやら怪しい雰囲気。


中心に怪しいものが立っています。


e0095515_13274580.jpg


一瞬戦争関係の何かかな~と思っていたのですが、違ったようです。

陰陽道系のものでしょうか?

凡字?

e0095515_13285358.jpg



e0095515_13291426.jpg



本堂の裏をまわって、正面から向かって右手にあたるところに、拝観やってないけど、なにやら秘神体でもありそうな建物がありました。

外においてある、コレみたいなのが眠っているんでしょうか。



e0095515_13311085.jpg



いつもの如く、御朱印をお願いして書いていただきました。


ビックリするくらいかっこよかったです。
神社はいつもたいしたことないのですが、ここのは良いです!!
[PR]
# by hime_religioso | 2008-10-21 13:39 | ♪京都

百鬼夜行資料館

e0095515_23493613.jpg


さてさて、無料の百鬼夜行資料館♪

資料館は二階にあります☆

階段をあがって、部屋へ入ると・・・!!




e0095515_23501464.jpg




うぎゃ~


これ・・・何?
ぬらりひょん?


e0095515_23522550.jpg



うわ!!

奥にも何かいますよ、奥さん!!


e0095515_23531277.jpg



お面!!


e0095515_23535161.jpg



ん?


何か気配を感じませんか???


e0095515_23542892.jpg



よく見てください。





ほら!!!












e0095515_23554182.jpg






Σ(||゚Д゚)ヒィィィィ





e0095515_23575956.jpg



おや玄奘もいますよ(笑)


e0095515_23583288.jpg



なんか怪しい置物も。



e0095515_23592047.jpg




怪しさ満点。


おススメです。


ただし、一人で入ると最初は足がすくみます。



二階から下へ降りる壁です。


e0095515_072351.jpg



(*´∀`*)キュート!
[PR]
# by hime_religioso | 2008-10-16 00:09 | ♪妖怪関連
北野天満宮から、歩いてすぐのところに妖怪ストリートがあります。

このストリートをメインで行かれる方は少ないと思いますが、

はっきり行って一条通り商店街



相当さびれています・・・



e0095515_1559571.jpg
まァ、商店街なんてどこでもそうなんでしょうが、古川町商店街よりも、二条の商店街よりもさびれていました・・・・。


ガーーン。

もしかしたら、日曜日だったので、ひっそりしていたのでしょうか。


妖怪ストリート名物の手作り「妖怪」をみてまわります。


e0095515_15574546.jpg


まずは、文具やさんの前に発見!!

な・・・・なんじゃこりゃ。


e0095515_1558817.jpg



ん?


オデンさん?


e0095515_15584010.jpg


e0095515_15592151.jpg

ちょっと国籍不明です。

e0095515_1559431.jpg


パン屋さんの前にいました。

e0095515_160490.jpg


e0095515_1601768.jpg


これらはペットショップ前。
というか、金魚やさん。

e0095515_1605151.jpg


そしてその隣が魚屋さんという・・・


ムゴイ(笑)

私はこの魚の妖怪が一番気に入りました。

写真とってたら、「もうちょっと前にだそうか?」とお店の方から声をかけていただきました(笑)


e0095515_1621167.jpg

これは和菓子やさんの前だったかな。

e0095515_1623172.jpg


狐さんかわいいですね。

e0095515_1624829.jpg

e0095515_163056.jpg


これ、ラーメンやさんの横にいました。
ここのお店には妖怪ラーメンがあったのですが、なんだかグロテスクなのでやめました・・・。

e0095515_1634381.jpg


e0095515_164373.jpg

各店に手作りの妖怪があるのは、なかなかほほえましいです。

最終章に続く。
[PR]
# by hime_religioso | 2008-10-05 16:04 | ♪京都
秋です!

京都のそぞろ歩きの季節です!


というわけで、こちらは随分お久しぶりですが、自己満足アルバム作りのために記録かいてみます。


京都の一条通りはその昔、百鬼夜行のストリートとして有名だったとか?笑

古くなったものたちは百年経つと魂が宿るとも言われていますが、それら付喪神とよばれるものたちが妖怪の形としてあらわれたりというのは、よく知られていますよね。
漫画「陰陽師」でも琵琶がでてきますが、あいつもしゃべりますよね。


妖怪好きの私としては、鳥取の水木しげるロードを制覇はしたけど、地元の京都、一条ストリートを見逃していたなんて・・・。
と、暇な休日の午後、ちょっくら一条ストリートをぶらついてきました。


晴明神社の前を通って、北野天満宮をめざします。
晴明神社は何年も前に訪れましたが、昔はひっそりしていたのに、今はなんだかゴージャスになっていますね。
堀川通りからみると、昔ならどこにある?という感じだったのが、現在はその存在感が何倍も大きくなっています。
一時、陰陽師ブームがあったから、そのおかげなのでしょうか。

e0095515_15134040.jpg
まずは、北野天満宮におまいり。

北野天満宮にくるのも、3年ぶりです。

e0095515_1518892.jpg
相変わらず牛さんたちがかわいかったです。

ブモーッ。

e0095515_15183523.jpg


e0095515_15185136.jpg



e0095515_15191362.jpg


e0095515_15194240.jpg


e0095515_15195966.jpg



e0095515_15203469.jpg



なかなかゴージャスです♪

e0095515_1521074.jpg


e0095515_15211214.jpg


e0095515_15214637.jpg

このあたり、整備中みたいです。
e0095515_1522824.jpg


e0095515_15222443.jpg


いいですね。
こういう散歩道ができるのは。

e0095515_15225294.jpg



e0095515_1523870.jpg


奥のほうへいくと、文子天満宮があります。

e0095515_15234728.jpg


e0095515_1524353.jpg



お参りをして、おもてへでます。

e0095515_15243667.jpg


e0095515_15244988.jpg


後編へ続く
[PR]
# by hime_religioso | 2008-10-05 15:25 | ♪妖怪関連

正暦寺3

e0095515_2258284.jpg


e0095515_22584515.jpg
e0095515_2259146.jpg



いつものように、雲行きが怪しいと思っていたら、福寿院に入ると雨が降り出しました。
あ~あ、またかぁ~~と思いつつも福寿院でまったりとした空気を感じていると、さらに雨が激しくなり、あらら・・・と思い庭をぼんやり10分ほど眺めていると、空が晴れてきました。

そろそろ、次の本殿へ行こうかなと立ち上がり、外へ出ると、雨がやみました。



e0095515_23102644.jpg





雨上がりの参道を歩きます。



e0095515_23104451.jpg





階段をのぼります。
なかなかきついです。

e0095515_2315048.jpg

こちらが本堂。
どうぞあがってくださいと、声をかけられ、お参りにあがらせてもらいました。
薬師如来がおられます。

e0095515_2323730.jpg


お堂の中からの眺めです。

e0095515_2325934.jpg



e0095515_2332015.jpg



本堂の向かいに鐘があります。
空はまだ曇っています。

e0095515_2335695.jpg


夕暮れ時、ここから望む山々はどんな顔を見せてくれるんだろうと、夕暮れまでぼんやりしていたい気持ちになりましたが、次にも行くところがあったのでやむなく、下山しました。
[PR]
# by hime_religioso | 2007-12-21 23:05 | ♪奈良

正暦寺2

e0095515_22424995.jpg


ここれ、駐車場の近くにたっていました。
清酒の発祥地らしいです。
ゴクリ・・・。
後ろに川が流れているんですが、この川と清酒のつながりはこう。
→菩提仙川は、その昔、中尾川ともいわれ、この清流を使って醸造された「菩提泉酒(奈良酒・南樽)」は、至極上酒であったことが「蔭涼軒日録(おんりょうけんにちろく)」に記されています
と説明がありました。

つ~ことは、ここの川の水美味しいんだろうな~。
さらにゴクリ・・・。


e0095515_22465729.jpg





緑がとっても綺麗です。

e0095515_22481093.jpg


福寿院です。

e0095515_22495089.jpg



お庭です。
落ち着きますね~~。

e0095515_22512419.jpg


e0095515_22515282.jpg


More
[PR]
# by hime_religioso | 2007-12-21 22:52 | ♪奈良

正暦寺




正暦寺のムービー♪
(ここは本殿ではなく福寿院で、手前にある建物です)
山奥にあるんですけど、とてもとても感じのよいお寺でした。
奥に行くと本殿があるんですが、お参りはどうぞ中に入ってください~靴はそこに置いといていいですよ~と気軽に声をかけてくれて、温かみもありました。
お堂にあがると、テープのスイッチをオンしてくれて、「おんころころせんだりまとうきそわか・・・・」と一緒に唱えてくれます(笑)
オンコロコロマトウギソワカだったかな・・・?忘れた。

ゆったりとした時間を過ごせるお寺ですね。
奈良市内からすぐ、奈良公園からも車があれば遠くないので、是非是非どうぞ。
そうそう、錦の里と呼ばれているらしく、紅葉もまだはじめのほうでしたが綺麗でしたよ。
[PR]
# by hime_religioso | 2007-12-21 22:24 | ♪奈良

嵐山 祗王寺

e0095515_2312414.jpg
「祗王寺」

清盛の寵愛を受けていた、祗王とその妹、母、それプラス、はたまた違う愛人が住んでいた処。
ま、ぶっちゃけそういうことでしょう?笑

正しくはこういうエピソード↓
… 祗王は平清盛の寵愛を受けていましたが、その前に唄の上手な加賀の国の白拍子、仏御前が現われます。その美しい声、妖艶な舞に清盛の心は仏御前に移ってしまいました。

世の無情を知らされた祗王は、妹の祗女と母の3人で往生院(今の祗王寺)に入って尼になり世を捨て仏門に入りました。この時、祗王21歳、祗女19歳、母・刀自45歳でした。
その後、祗王の不幸を思うにつれ、世の無常を感じた17歳の仏御前も頭を丸めて祗王の庵を訪ねて尼となったそうです。こうして女4人は、念仏三昧の一生を静かに終えたといいます。



清盛かァ~あんま興味ないけど~と思っていたけど、紅葉が綺麗そうなので、行ってきました。


e0095515_2312205.jpg


e0095515_23123959.jpg



場所は、二尊院から左へ折れて少し山のようになってるところのどんつきにあります。
苔むしてて、しっとりしています。

あ、それと、ここでは御朱印は直に書いてもらえませんでした。
先に書いてあるものを売ってました。
忙しい観光地ではたま~にこういうのに出会うんですが(東福寺、宇治上神社)ここでもか・・・といったかんじでした。
まァ、書く人が書いてるんだから一緒っちゃ~一緒なんだろうけど、自分のもってる御朱印帳に書いてもらうというのがいいんですよね~~~。
紙切れ(といっては失礼ですが)は、嫌。
どうしても自分が御朱印帳を忘れてしまったから仕方なく・・・ってのならいいんだけど、門前払いというのが気に食わない。
なら、本日はかけるものが留守にしてまして・・・のほうが誠意があるように思う。
受け付けで、「書いてもらえないんですか?」って聞いたら、
「これがあるわよ!」ホレ!とヒラヒラおばちゃんがひらつかせてたんだけど、ありがたみがないような気分になり、お断りしました。

こんなこと言ったら駄目かもしれないけど、御朱印も商売道具。

そんな感じに見受けるんですよね・・・。


奈良の興福寺、東大寺はその点しっかりしてます。
どんなに人が並んでも、ちゃんと書いてくれますもん。
お水取りのある日にもですよ?
ちゃんと、書いてくれました。
先にお参りしててくださいっていって、帰る頃にはちゃんとできあがってるし。

ここんとこの心意気が違うような気がするな~京都は。
え?くる観光客の数が違うって?
いやいや。
そうじゃないんだってば。
よく考えてみてくださいよ。


そうそう。
東福寺はゴム印だと300円。
手書きだと500円という違いもあったよ。
これを商売といわずして、なんという?
え?
(そんな客は願い下げだと言われそうだけど、言わしてもらいますわ!!!)


って、御朱印のハナシばっかりしてすみませんね。


e0095515_23232293.jpg

e0095515_23234458.jpg

e0095515_2324131.jpg

e0095515_23242098.jpg

e0095515_23243953.jpg

e0095515_23245718.jpg



満開の紅葉とはいかなかったけど、苔のきれいなお庭でしたよ。
狭いですけど、趣のあるお寺でした。


あ~それとね、切符きってたおばちゃんは態度があまりよくなかったです。
めんどくさいんでしょうけどね、一期一会。
私らみたいに地元の客ならいいけど、遠くから来てる人もたくさんいるんだかから、いい思い出持って帰ってもらいましょうや。
寺の中や庭のよさよりも、思い出に残るのって人とのコミだったりするんでね。
中身がしょぼくても、コミがよければ好印象になることだってあるんだから。
また、反対もありえるんだから、観光地の切符きりさん、頑張ってください。

印象の良かったお寺とかって、今でも覚えてたりしますしね。
[PR]
# by hime_religioso | 2007-11-21 23:29 | ♪チャリンコ 嵐山・琵琶湖
今回2回目の木津~嵐山のサイクリング。

ここのサイクリングロードって、全長59キロ弱あるんですけど、私は端から端までは走ったことがありません。
今回も途中からサイクリングロードへ合流です。


e0095515_21343568.jpg


家からまずは競馬場を目指します。
淀川です。
よどんでますかね?笑
けっこう、でっぷりとしていて、いい面構えの川ですね。


e0095515_21352958.jpg


ドキドキしますね。
最近競馬行ってないなァ。








e0095515_21365100.jpg


ここから、合流します。
サイクリングロードの始まりです。


e0095515_21364452.jpg


本日は快晴です。
でもね、写真からは伝わらないかもしれないけど、めっちゃ寒いです。
朝、9時くらい。
10度だったかな。



e0095515_21382197.jpg


青空。
e0095515_21393663.jpg


自然バンザイ。

e0095515_2138466.jpg



五山の送り火の「鳥居」です。
結構低い山なんですね。


e0095515_21391922.jpg



あっという間に終点。


e0095515_21402944.jpg



嵐山公園。中ノ島です。


e0095515_2141352.jpg




この雲。
犬がわたがしを食べているところに見えませんか?

e0095515_21413633.jpg


♪休憩中の写真
[PR]
# by hime_religioso | 2007-11-21 21:42 | ♪チャリンコ 嵐山・琵琶湖

尾道 千光寺

今年3度目の尾道。
またまた千光寺にいってまいりました!

千光寺までの道のりって結構あるんですよね~~。
前日の疲れも感じながらのぼってると、流石に脈までとんで来て、こらいかん、休憩じゃ~~というわけで、千光寺の入り口で休憩。
e0095515_11489.jpg



ここからの眺めもまた格別なんだよね~。
一番上までのぼりきった景色もいいんだけど、途中の道から望む尾道の風景も素敵。
絵葉書を見ているみたい。


そして、めちゃんこ綺麗なトイレ!
驚きました。入り口にある休憩所のトイレはこんな山の上なのに?と驚くほど綺麗なので、行かれた方は是非。


ちなみに、暴露話ですが、前日のしまなみ海道で、この先トイレナシ!という案内があったので、泣く泣く汚いトイレに入ったんですね。
橋の渡り口にある公共トイレ。
案の定、虫がいて、電気なくって~~の状態。
とてもトイレのドアを閉めて、中で用をたせない!!
でも、この先トイレがないんだったら、今いっとくべき・・・・。という葛藤を経て、たどりついた答えは・・・・



ドアを開け放して、トイレw


ひゃはははは。

この年になって、まじでこんなことをするとは思ってなかったけど、やっちまったよ。
ドアを閉めなきゃ明るいし、虫さんに近づくこともなく、一対一で狭い箱の中で向き合うこともない。
かつ、開放的。

でも、人が入ってきたら、びっくりするので、友達に門番を頼んでのトイレでした(笑)
はぁ~~本当、汚いトイレだけは勘弁して欲しい。
これがクリアできないと、中国、インドにはいけないかも・・・・インドはものすごく憧れる国なんだけど・・・(昔バックパッカーやるのが夢だった)


そんなこんなで、たどり着いた千光寺。
雰囲気ムービーです。

金をつく音、聞こえますか。




[PR]
# by hime_religioso | 2007-11-13 00:25 | ♪広島・尾道
前回同様、帰り道はバス。
今回は快適なバスの旅もムービーしてきたので、ご紹介。









チャリンコほどの爽快さはないけど、ど真ん中をかけ抜ける感じはまた格別。







もういっちょ。こんどは短いの。
[PR]
# by hime_religioso | 2007-11-13 00:08 | ♪チャリンコ しまなみ海道

しまなみ海道 

美味しいものをいっぱい食べて、いっぱい休憩したので、時間が・・・。
しかも、10月終わり・・・日の暮れ早い。
もうすでに3時の時点で西日が射している・・・。
というわけで、最後の大橋を渡る時時刻は6時を過ぎていました。
どひゃ~~~!真っ暗!

暗いわ寒いわ疲れもピークだわの中、最後の橋へむけてのぼっている貴重な映像がコチラ。
友達二人は、こぐのに必死で、いつ降りようか・・・と考えながら登っていて、一番きつい時間と感じていたようで、そんな中、ムービーをまわしていたあたしに、驚いていました。
いや、自身もきつかったんだけど、暗闇の中をキコキコこぐのって怖いじゃないですか。
動物もでてきそうだし、止まりたいけど止まったら闇にのまれそうだし。
体力はないけど、精神力のみでのぼりきった坂。
忘れられませんね(笑)


映像をみてもよくわかりませんが、自転車の油切れであろう、キコキコ音とあたいの苦しい息遣いも聞こえてくるかも??

いや~~本当にしんどかったけど、仲間とのぼった坂は最高っす!






e0095515_1649129.jpg
橋の上で撮影した橋。
[PR]
# by hime_religioso | 2007-11-10 16:56 | ♪チャリンコ しまなみ海道

多々羅大橋 鳴き龍現象

下のほうの記事で動画をアップしましたが、もう一つ動画をアップ。

実はこの橋の上で手をたたいたり、木を叩いたりすると鳴き龍現象というものが起こります。
実際に叩いて見た映像を聞いてください。





すごく響いているでしょう?
実際に聞くともっと凄くて、思わず「わほ~~」と声を漏らしてしまうほどです。

なぜこのようなことが起こるのかを解説してるサイトがあったので、ご紹介→http://www.mhi-bridge-eng.co.jp/tech/tech_05.html

日光でもこのようなことが起こるように作られてるんですね~。
日光東照宮・・・。
一度は見てみたいけど、徳川の墓だしな~~。
あたしには興味ないんだけど。
(だって、関西人だし・・)
[PR]
# by hime_religioso | 2007-11-10 16:31 | ♪チャリンコ しまなみ海道
前回は美味しいものに全くありつけなかったので、今回はがめついほどいろいろ食べてきました☆


e0095515_16185272.jpg
まずは、アイス!
ドルチェ。
っていうお店。

e0095515_1619532.jpg
友達はレモン、あたしははるか、もう一つはデコポンだったかな?
どれもシャーベットなんだけど、美味しかった。
しかし、レモンを注文した友達のシャーベットが、信じられないくらい溶けるのが早くてビックリして、みんなで大笑いしたww

e0095515_16192087.jpg
暇そう~~なお店でした。
でも、従業員さんがたくさんいるんだよな~~。
採算とれるのか不思議。
(前回前を通り過ぎた時も、お客さんはゼロだった)


e0095515_16193542.jpg
そして、蛸飯!
最初はるるぶに載ってるお店に行こうと思ったんだけど、途中のお土産やさんの客引きに引っかかりそのまま、まぁどこでもいいや~というわけで、イン。
まずまず美味しかったかな。
ゆっくりできたし。
e0095515_16195022.jpg



e0095515_16201564.jpg
そして、食べたいと思っていた、伯方の塩アイス!!
これが、またウマイ!
e0095515_16203657.jpg
ちょっぴり塩が混じってるんだけど、その塩加減が甘みを増しているような気がする。
多々良の近くのお店で買いました。
サンセットビーチだったかな?


e0095515_1622145.jpg
そして、サンライズ糸山でのご飯。
昼間にコレだけ食べたので、お腹いっぱいというわけでうどんセットを食べました。
友達は鯛の釜飯を食べていました。


で、特筆すべきなのはここの朝食バイキングです。
普通のホテルだと、ウインナー、スクランブルエッグ・・・ベーコンが定番なんですが、ここのはちょっと違います!
なんてったって、朝から酢豚もてんぷらも、寿司も食べれるんですよ!
おまけに鯛の釜飯、茶碗蒸し、おでん、その他たくさんのお惣菜がずら~~っと並んでいます。
私、ここのバイキング大好き!
しゃ~っとムービーに一部をおさめてきたので、ご覧くださいませ~。
あ、寿司はいなりしかうつってませんが。握りもあったんですよ。


[PR]
# by hime_religioso | 2007-11-10 16:25 | ♪チャリンコ しまなみ海道

しまなみ海道珍道中記

e0095515_1544995.jpg
今回のしまなみ海道チャリンコツアーは、前回と同じ時刻に出発して同じような経路をたどりましたが、前回利用した福本渡船は、レンタサイクル終了・・・・と悲しいお知らせが・・・。
10月末でしめるレンタサイクルもあるみたいで、淋しい限りです。
でも、駅前のレンタサイクルはしめる気配はありませんでした。
なんの説明もないまま、チャリンコをかりて、一番近い渡船へ。
e0095515_15443582.jpg


あ、それとツアー前に旅の無事を祈ってお参り!(駅前にあります)

e0095515_15452845.jpg

チャリを積んでの渡船なので、料金は110円。
福本渡船は60円くらいだったような気がします。
あ、もちろんチャリンコなしの、人だけですけど。
それと、福本渡船よりは、船に乗る時間が長かったので、料金が高いのかもしれません。

e0095515_15454451.jpg
料金収集のおじさんが話しかけてきて、今から今治までいくというと驚いてました。
そういうもんなの?
あたしたちが、どっからみても、シャコシャコちゃりをこげるようには見えないのでそう言われたのかも知れません。

私は二回目だというと、「そうか~」とちょっと嬉しそうでした。
[PR]
# by hime_religioso | 2007-11-10 15:46 | ♪チャリンコ しまなみ海道

しまなみ海道珍道中記2




この橋はどこでしょう?これはすぐにわかるよな~~。
最後のほうのアングル、芋虫の胎内からみているようなかんじに見えませんか??笑





伯方の塩アイスを食べてすぐの橋です。ふふふ。
[PR]
# by hime_religioso | 2007-11-02 15:30 | ♪チャリンコ しまなみ海道

しまなみ海道珍道中記








またまたしまなみ海道へ行ってきました!!!
今回二回目!

前回は写真しか撮らなかったので、今回はムービーを撮ってきました。
撮ってきたといっても、デジカメのムービーなので、そんなに画質はよくないです。
しかもこぎながらなので、ぶれまくってます。
その上風がきついので、音もうるさいので再生の時はご注意を!


さて、ひとつめのこの橋、どの橋かおわかりでしょうか~~??
[PR]
# by hime_religioso | 2007-11-02 15:27 | ♪チャリンコ しまなみ海道

四天王寺 2

e0095515_1751099.jpg


はうっ!!
垣間見えるのは。。。




夢殿か?







(*´д`*)パッション!!







e0095515_17524642.jpg

確かめるべく、境内をでて、まずは御朱印をいただく。
へへへ。
一応、参拝したので。


e0095515_1753122.jpg

なんか、いろんな建物がうじゃうじゃしてる。

e0095515_17533498.jpg



(゚∀゚ )アヒャ



e0095515_17544385.jpg


そして、とうとう、夢殿をかぎつけた。

後ろに見えている・・・・はぁはぁ。


ここは靴をぬいであがります。
しか~~~し。
朝まで雨だったため、そこらへんが濡れている・・・・。

最悪。



でも、夢殿に近づくために頑張る。



e0095515_1756545.jpg




キタ━(゚∀゚)━!


でも、単独の夢殿とは違って、やっぱりここも大阪民国


ここで足元がビチョビチョになったしね~。
地下に入れたけど、なんかキンピカやったような気がする。


スルースルー。



大阪の方の信仰の場としては生き生きピッチピチやったけど、奈良や京都の寺が好きな私にとっては、理想とほど遠い国・・・・・





大阪民国なのであった・・・。




ども。

お邪魔しました。


e0095515_1810672.jpg

[PR]
# by hime_religioso | 2007-10-11 18:30 | ♪大阪

四天王寺

e0095515_17354299.jpg



ぶっふぁ~~~!!


とうとうきましたよ。
四天王寺のご案内。


だいぶ前に行ったんだけど、乗り気じゃなく、ほったらかしにしておりました。

なんで乗り気じゃないのかは写真をみていただけたら分かると思います。
たぶん。


でも、四天王寺のことをあんまり悪く言おうというつもりはないんですけど、ここは異質でしたよ。
歴史もあるのに。
聖徳太子発願の寺なのに。


もう、どこからみても大阪民国ですにゃもん。。。


e0095515_1738442.jpg


とうわけで、気楽に拝観ツアー参りましょう!

e0095515_17383190.jpg

ハイハイ。
まわしちゃいましょ。まわしちゃいましょ。



e0095515_17385317.jpg




バッバーーーン


この伽藍配置。
最近こちらで見たとおっしゃるあなた!
素晴らしい。
そうです。
聖徳太子の時代ですよ。
だったらこの伽藍配置!
法隆寺と同じ~~~(だったはず)


e0095515_1740766.jpg


遠目でみると、意外と綺麗に見えるな。

e0095515_17403143.jpg



実物で見たら、かなりのチープものでっせ。


そうそう。
この塔は登れちゃうんですよ。
すごいでしょう。

日本人の好きな胎内巡りみたいな感触ですよ。

e0095515_17415933.jpg
中は昭和のかほりでいっぱい。
こんなかんじ。
写真は最上階にたどりつきました。のひとコマ。



塔の前ではお経を上げてもらっている熱心なヴィトンを身につける信者さんがいましたよ。
けど、どやねん。
そのいでたちは・・・と思ったけど、ここはスルー。




さすが大阪民国





ガッツ大阪民国



続く。
[PR]
# by hime_religioso | 2007-10-09 01:49 | ♪大阪

うわさの建仁寺

e0095515_16125394.jpg


「こちらは雨の建仁寺。」

ピーガー・・・・


「応答願います!」

ピーガー・・



「そこまできてるのに、なぜ入らないのかって?」


ピーガー・・

「それは・・・・・」


ピーガー・・・



「拝観時間がおわちゃったから」




ピーガー・・・


「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」



任務終了。




というわけで、ちっともよくわからない始まりでしたが、建仁寺公園(勝手に命名)をご案内☆




e0095515_16324340.jpg


雨の建仁寺っす。

e0095515_16331660.jpg

e0095515_16333254.jpg

e0095515_16334891.jpg

ごらんの通りヒドイ雨。
羅生門がまだ残っていたら、きっとこんなかんじだったんだろうな。
芥川龍之介の羅生門を読んだ限りのイメージですが。

e0095515_1648788.jpg

これ、重要文化財。勅使門。


建仁寺の境内はとても広くて、いろいろなものが建っています。

気になるのはコチラ!




タイガー!




e0095515_16565841.jpg




あっ。失礼。
写真間違えた(∀`*ゞ)テヘッ
これは家のカキ氷器☆




e0095515_16352515.jpg



タイガー!!!
こんなのみたことない!!
たいがい狛犬とか獅子とかで、タイガーなんて珍しくないですかぁ?


e0095515_1638282.jpg



ぎゃお!!
今度はムカデ?



e0095515_16395282.jpg

はっ!!
チョトカワイww

e0095515_16401768.jpg



あごをなでたくなるかわいさ!!


両足院、毘沙門天が祀られているようなので、ちと、調べてみました。


以下引用
「本尊は、鞍馬毘沙門天の胎内仏でした。戦国時代 比叡山が織田信長によって焼き討ちにあった際鞍馬の僧が惧れをなして、比喜多養清(室町将軍の茶家、筑前黒田家京都御用達)のところへ、尊像を疎開させたものです。関が原の会戦に黒田長政が、関東方として出陣する際、この尊像を内兜に収めて奮戦し、勝利を収めたといわれています。このあと尊像は代々黒田家で信仰されましたが、維新の変革で明治10年ごろ当院に寄せられました。            毘沙門さんは、脇仏に魔王、不動明王をおまつりしています。毘沙門天堂の狛犬は、寅。香炉にも寅が、浮き彫りされていて寅年の人の守り本尊です。」


というわけで、謎が解けましたね☆
アタシは寅年じゃないからな~残念だけど。

e0095515_16474176.jpg



両足院って、饅頭始祖の寺らしいよ~。
うう・・・お腹減ってきた。
[PR]
# by hime_religioso | 2007-10-04 23:12 | ♪京都
e0095515_1518591.jpg


桃山・室町の庭をぬけていきます。

ここ、城南宮の土地の広さに驚き。
こんなに広大な土地だったんですね~。

e0095515_1519228.jpg


でました!!
白砂!!

e0095515_15192322.jpg



おもしれ~!


e0095515_15194345.jpg



パターゴルフ場(うそ)


e0095515_1520970.jpg


これらが城南離宮の庭です。
ここの庭はあっという間に終わっちゃうけど、綺麗です!


一箇所でこれだけの庭がみれて、たったの500円!
行かない手はないでしょう~♪

京都にお立ち寄りの際は是非ww
[PR]
# by hime_religioso | 2007-09-29 21:57 | ・東福寺・伏見・宇治界隈
e0095515_1514774.jpg


桃山の庭・室町の庭の続きです。

e0095515_15144340.jpg

e0095515_15145731.jpg

e0095515_15151117.jpg

e0095515_15152856.jpg


e0095515_15154272.jpg

[PR]
# by hime_religioso | 2007-09-26 21:36 | ・東福寺・伏見・宇治界隈
e0095515_1555788.jpg



さっきまでの平安の庭とは大違いですね。

e0095515_1564373.jpg


松の木ですか?
凄いんですけど^^;


e0095515_1571112.jpg


ここはゴルフ場かと疑ってしまう光景。
桃山の庭に入ります。


e0095515_1575589.jpg

e0095515_1581675.jpg

e0095515_1583567.jpg


途中でお茶席があります。


e0095515_159026.jpg

e0095515_1591277.jpg

e0095515_1592758.jpg


いいっすね~。
ホント。
ジャパガーデン最高☆

e0095515_1510338.jpg

e0095515_15111145.jpg

[PR]
# by hime_religioso | 2007-09-26 13:30 | ・東福寺・伏見・宇治界隈
e0095515_14592266.jpg



平安の庭です。

ゆっくり散歩していきましょう♪


e0095515_14595460.jpg

e0095515_150649.jpg

e0095515_1501987.jpg


e0095515_1503146.jpg

e0095515_1504613.jpg

e0095515_1505713.jpg




はぁ~~~。
心癒されます。


e0095515_1515632.jpg

e0095515_1522427.jpg

e0095515_1523825.jpg




次は室町の庭です。
[PR]
# by hime_religioso | 2007-09-22 17:01 | ・東福寺・伏見・宇治界隈
庭は5つに構成されていて、拝観順路でいうと、
春の山、平安の庭、室町の庭、桃山の庭、城南離宮の庭に分かれています。

ではまずは春の山~☆


e0095515_14473053.jpg


どんどん散歩していきましょう~♪

e0095515_14475171.jpg


青竹がきれ~~い☆
ちなみに訪問したのは6月の梅雨時でした。

e0095515_14482530.jpg


説明が書き添えられています。
扇形が素敵ww

e0095515_14485679.jpg



竹、たまら~~ん!!
'`ァ,、ァ(*´Д`*)'`ァ,、ァ



e0095515_14495257.jpg



e0095515_1450427.jpg






e0095515_1454741.jpg




ここいらで、春の山が終わり、次は平安の庭です。
[PR]
# by hime_religioso | 2007-09-22 15:23 | ・東福寺・伏見・宇治界隈

城南宮

e0095515_142740100.jpg



あ~め~の城南宮♪

一号線沿いにあるので、今まで何度も通ったことがあったんですが、やっと行く気になりました。
ええ。
雨の最中に。

なぜか?
それは城南宮に呼ばれたから~。


そういうもんですよね。
この日は此処にいくぞ!と決めていてもたどり着けない寺もたくさんある。
気分がのらなくなったりで、近くにいながら、結局中に入ったことがないのは建仁寺(笑)
そのほかにもたくさんありますよ。


というわけで今回のターゲットは城南宮です。



e0095515_1431616.jpg


京都の南の、方除け、厄除け、車のお祓いの神社というわけで、昔は貴族の
方違えの宿所としてにぎわっていたとか?
天皇もバンバンきてましたからね。
ってか、城南離宮の一部だからくるもなにも・・ってハナシかしら。
熊野詣の出立の地でもあったそうな。
それと、、京都御所の裏鬼門を守る神ともいわれてます。
都を守る要所だわな。
南の。
ぬかりない平安京。
グッジョブ☆


e0095515_14345926.jpg

くるっとまわったけど、神様がたくさんいたな~。
でも、吉田神社のほうが神パワーは凄かったかも。
城南宮は結構静か。


e0095515_14382430.jpg



そうそう。
城南宮といえば、曲水の宴ですよね。
平安時代の雅な宴が行われているのが、ここですよ。
テレビでは良く見るけど、実際に訪れるのは初めて。
というわけで次回は「神苑 源氏物語の庭」をお送りします!
[PR]
# by hime_religioso | 2007-09-22 14:42 | ・東福寺・伏見・宇治界隈

しまなみ海道

サンライズ糸山の朝のバイキングはなかなか凄いです。
ホテルのバイキングをイメージしていたんだけど、家庭的でものすごくたくさんの種類があって、楽しめました!
ここのスタッフの人も気楽に話しかけてくれるし、いい雰囲気でした。

また、利用しますww


さて、帰りはチャリンコではなく、バスで尾道まで一気に渡ります。
高速道路なので、眺めが違うだろうと思って、こちらにも期待ww

e0095515_12213529.jpg
まずは、宿の車で今治駅まで送ってもらいます。
なぜか、ここの駅でタオル美術館のお土産を買ってしまいました(笑)


e0095515_12225161.jpg
バスターミナルで切符を買います。
乗り換えしないと尾道にはいけないそうで、乗り換えの案内をしっかり聞いておきます。
因島大橋でいったん降ります。


バスからの眺めはチャリンコとまた違い綺麗でした。
車は橋のど真ん中を走れますからね。
ちょっとアングルが違います。

あ、この橋のときはあんなんだった!とか、二人で思い出し話をしていると、あっという間に因島大橋。

e0095515_12243653.jpg
こちらで30分ほど休憩。

e0095515_1224523.jpg

橋も見えます。

一時間半くらいで、尾道へ到着。


つたふじという有名?な尾道ラーメンを食べに行きましたww
e0095515_12275828.jpg
でも、前に食べたラーメンの方が好きかな?

e0095515_1226485.jpg



そして、次はお決まりのからさわアイスクリームへw
e0095515_12342921.jpg



ここではまた、アイスモナカ
e0095515_12341334.jpg


と、気になっていた、
e0095515_1227268.jpg



スナイスというアイスを食べました。

アイスクリンみたいな感じかな?
甘めで昔懐かしい味でした。



e0095515_12283786.jpg

そして、最後はお土産!
桂馬でかまぼこやらを買って帰りました。
上品な味でおいしゅうございました!
志賀直哉の奥さんの実家?がこのかまぼこやさんみたいですよ。
尾道土産にはここ桂馬ははずせませんね!笑
[PR]
# by hime_religioso | 2007-09-20 01:12 | ♪チャリンコ しまなみ海道